このブログはPCゲームのリネージュプレイ日記や日常のことなど書いておりますヽ(´▽`)/ 暇でしたら見ていってくださいな♪

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またもやドラマと映画の話www


ってリネ日記じゃなくなってきてますな・・・ (゜O゜;)


まず友人にススメられて井筒和幸監督作品の




2005122001.jpg



パッチギ





を見てみました



ストーリーは


1968年の設定で日本学校と朝鮮学校でケンカがよく起きていて


ある時、日本側の先生から朝鮮学校の人たちと仲を深めるために


サッカーの親善試合をすることになって主人公(塩谷瞬)と友達(小出恵介)は


朝鮮学校に行くことになった


朝鮮学校につき音楽が聴こえる方に主人公が歩いていったら


音楽室があってそこで演奏していた女の子(沢尻エリカ)に一目惚れしてしまう


ギター屋に入ってその子が演奏していた曲名(イムジン河)や歌の意味などを


を教えてもらい女の子と仲良くなりたいためにイムジン河を覚える


ある日、女の子から朝鮮人だけの集会があるからこないかと誘われ


そこでイムジン河を演奏をしていたらラジオ局のディレクターが見ていて


ラジオ番組にでてみないかということでラジオ番組にでることがきまった


集会をでた後からは朝鮮人と仲良くなった主人公はハングル語を教えて


もらっていたりしたが、朝鮮学校の友達が日本学校の人間にリンチされ


逃げようとした時に車の荷物があたり他界してしまう


朝鮮人だけの葬式に主人公もいったが、日本と朝鮮の歴史を言われ


追い出されてしまい主人公は自分の不甲斐無さにラジオ番組収録前にギターを壊してしまう


ラジオ局にギターを持たないで行ったがディレクターが用意してくれた


当時、イムジン河は日本では流してはいけないとされていた曲で上の人間が


許可をしなかったがディレクターの後押しでイムジン河を気持ちを入れて唄いあげる


最後に主人公が朝鮮の女の子に告白をする


って感じのストーリーなんですけどね


昭和時代の日本と朝鮮のことや主人公の純粋な気持ちが伝わってくる


マトマッタいい映画だと思いました


映画中によくイムジン河が流れるので見終わってからずっと頭の中で


イムジン河が流れていましたwww


イムジン河の歌の意味なんですけどね


朝鮮が北と南に分かれてしまったけどいつかは統一したい


って意味らしいんですけど、どう唄ってるのかハングル語なんでわからないですけど


すごい気持ちがこもってて感動する唄ですね


いつも映画の悪批判しかしない井筒監督しか見たことがなかったですが


中々いい映画をつくりますなw


ちなみに映画のタイトルの「パッチギ」どういう意味なのか気になったので


調べたらハングル語で「頭突き」または「突き破る」「乗り越える」だそうです


映画見るとこの言葉がタイトルにすごいあってるなぁって思います


邦画好きな方ぜひ一度見てみてください^^




次にまた沢尻エリカがでてるドラマの


1リットルの涙



の最終回を見ました


いやぁこのドラマには毎週、泣かされましたねぇwww


このドラマは実際にいた「木藤亜也」さんの日記を元にドラマになったんですが


ドラマ見ててホント木藤亜也さんは心が強い人だったんだなぁっておもいました


亜也さんが残していったメッセージも心にくるものがありますよねぇ


ドラマに関しては家族全員演技が上手でしたねぇ~


沢尻エリカはこれからドンドンでてきそうなのはわかりますが


次女役の成海璃子も結構でてきそうな予感w


ホントいいドラマでしたヽ(´▽`)/




よろしかったらポチっとなっとヽ(´▽`)/
LineageRanking(投票・ランキング)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://rege.blog28.fc2.com/tb.php/61-c36496d3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。